【ドレス迷子の花嫁さんへ】大人ウェディングに合うドレス選びのポイント【上品、綺麗、おしゃれ、大人っぽい】

公開日:2019年3月24日
こんにちは、プレ花嫁のmichi*です。
ウェディングドレスって、試着すればするほど決められなくなって、
迷子になる人も多いのではないでしょうか?

この記事は、こんなプレ花嫁のお役に立てると思います。

・たくさん試着しすぎてわからなくなってしまった!
・大人ウェディングに合うドレスを絞って効率的に試着したい!
・アラサーでも似合うドレスってどんなのかわからない…

①シルエットについて

ウェディングドレスのシルエットの種類は、以下の通りです。
・Aライン

・プリンセスライン
・ベルライン
・マーメイドライン
・スレンダーライン
・エンパイアライン
・ミニ丈

ドレス試着に行くと、最初のカウンセリングで
「どんなシルエットのものを着たいですか?」と必ず聞かれると思います。
私は全くの知識なしで行ったので、「聞かれてもわからんよ…」と思いました。笑

大人っぽい、上品、綺麗めなウェディングを目指すなら、
このシルエットのドレスを押さえていればほぼ間違いないです。

*Aライン
*スレンダーライン
*エンパイアライン
*マーメイドライン

細かく解説していきましょう。

Aライン

特徴は、ウエストから裾にかけてAの形に広がるライン。
どんな人が着ても、くびれがあってスタイル良く見えます。
ドレスの下にパニエを着用するかどうかや、パニエの種類によっても
スカート部分の広がりを調整できるので、
ボリュームを出して華やかにしたい方にもアレンジが効きます。

スレンダーライン

こちらの写真はセパレートしていますが、
基本的にスレンダーラインは裾の広がりはなく、
すとんと落ちるようなデザインが特徴です。
シンプル・ナチュラルな雰囲気になるので、
ガーデンウェディングやリゾートウェディングで選ばれることが多いようです。

エンパイアライン

Aラインがウエストからの切り替えなのですが、
エンパイアラインは胸下から切り替えがあり、スカートの部分が多いのが特徴。
珍しいシルエットなので、人とかぶりたくない花嫁さんや、
おしゃれさを追求したい花嫁さんにはぴったりです。

マーメイドライン

その名の通り、人魚をイメージしたシルエットのドレスです。
膝までタイトで、膝から裾に広がりがあるので、
上品かつセクシーな印象になります。
膝からの広がりはドレスによって異なるので、
広がりが大きいものだとよりカッコよくセクシーな感じ、
広がりが少ないと上品で大人っぽい感じの印象になります。

②素材について

ウェディングドレスの素材の種類で一般的なものは、以下の通りです。
・レース

・シルク
・サテン
・オーガンジー
・チュール
・シフォン
・ジョーゼット
・タフタ

多すぎる!!

大人っぽい、上品、綺麗めを目指す花嫁さんは、
以下の素材をチェックしてみて下さい。

*レース
*サテン
*シルクオーガンジー

レース

写真は細やかな花柄をあしらったレースですが、
柄の大きさやデザインによって、かなり雰囲気は変わります。
こちらは少し大柄の花柄レース。
先ほどよりも凛とした雰囲気に見えますね。

しかし、どんなレースであっても全体的に上品にまとまり、
でも可愛らしさも残っているので、絶妙なバランスです。

サテン

ウェディングドレスの中では定番の素材ですが、
素材そのものに光沢とツヤ感があるので、非常に華やかになります。
お肌をワントーン明るく見せてくれるのも嬉しいポイント。
上品なイメージにはぴったりの素材です。

シルク・オーガンジー

素材が繊細すぎてうまく写真では伝わらないのが残念。。
こちらの写真のスカートの部分が「シルク・オーガンジー」という素材です。
もともとシルクとオーガンジーは別の素材として存在するのですが、
その二つを組み合わせた非常に珍しい素材。
薄いシルク(絹)を重ね合わせたような感じです。
柔らかく着心地は抜群で、ふわふわとしてとっても軽やか。
でもツヤ感があるので、上品さも兼ね備えた、michi*としてはイチオシ素材です。

 

③デコルテデザインについて

ウェディングドレスデコルテの種類で一般的なものは、以下の通りです。
・ストレート

・ハートカット
・ラウンドネック
・オフショルダー
・Vネック
・スクエアネック
・ボートネック
・ハイネック
・ワンショルダー

これまた多すぎて気が遠くなりそうですね。

デコルテデザインは、胸の大きさ・体型によって合う合わないがはっきり分かれるので、
試着してみたらちょっと自分に合わないな…ということもあるかと思います。

参考までになりますが、大人っぽい、上品、綺麗めを目指す花嫁さんは、
以下のデザインをチェックしてみて下さい。

*ストレート
*ハイネック
*Vネック
*オフショルダー

ストレート

最も一般的なネックラインです。
上品でシンプルなので、どんなウェディングのイメージにも合います。
写真は完全なストレートですが、少し丸みを帯びた
ハートカットとの中間のようなネックラインも、
ほんのり可愛らしさを演出できますよ。(↓こんな感じ)

ハイネック

スタイリッシュで洗練された雰囲気のハイネック。
あまり人と被らないので、おしゃれ感がぐっと増しますね。
アラサーになると結婚式のお呼ばれ経験値の高い友人が増えるので、
友人の印象にも残るドレスになると思います。

Vネック

鎖骨が見えるので、コルテラインを非常に美しく見せることができます。
顔の大きさにお悩みの方も、小顔に見せる効果があるのも嬉しい。
適度な胸元の露出なので、クシーになり過ぎずに大人っぽさを演出できます。

オフショルダー

こちらも定番なデコルテデザインではありますが、
大きく胸元が開いているので大人っぽさを演出できます。
素材によっても大きく印象は変わりますが、
こちらの写真はレース×ビジューデザインで、清楚さもあります。
肩幅が広いことにお悩みの方も、華奢に見せることができます。

 

いかがでしたか?
たくさんあり過ぎて悩んでしまうドレス選びですが、
上品な大人ウェディングの参考になれば幸いです。

 

Leave a Reply