【体験談】大人ニキビ治療のために実践したこと|食生活編【食事は大事】

公開日:2019年6月23日

こんにちは、プレ花嫁のmichi*です。
今日は大人ニキビ改善のために実践した食生活の工夫をご紹介したいと思います。

大前提として以下のことを意識して食事を選択しています。

*バランスの良い食事を意識する
*脂っこい食事は避ける
*夜遅い時間の食事は避ける、遅くなる場合は少量かつ炭水化物控えめに
*お酒もほどほどに

上記のことを常に意識しています。
そのうえで、具体的な日々な食生活は以下の通りです。

①野菜・果物を多く取り入れた食事に

ビタミンは肌のターンオーバーを正常化し、皮脂の分泌を抑える働きがあります。
よって、ニキビ改善のためにビタミンは必要不可欠な要素と言っても過言ではありません。

しかし忙しい日々の中で、どうしても外食やコンビニでのお弁当に頼りがちになりますよね。
そういった食事ですと野菜・果物が圧倒的に不足してしまい、炭水化物や脂質に偏りがちになります。
オススメは、休日に野菜や果物をまとめて購入し、いつでも食べれるようにカットしてサラダを作っておいたり、
果物もカットして冷凍保存することもできるので、手軽にビタミンを取り入れられる状態にしておくことです。

それでもどうしてもビタミンは不足しがちになりますね。
そんな時はサプリメントをうまく活用しましょう。
私は皮膚科で処方されたビタミン剤か、以下の商品を服用しています。
(皮膚科の薬についてはこちらの記事を参照:ニキビ治療に服用した漢方5種を紹介

こちらは女性に必要なビタミンがマルチに摂取できるサプリメントです。
皮膚科で処方された薬が切れている場合は、これを朝起きてすぐ1錠、寝る前に1錠服用しています。

②脂っこいものは避け、脂質は良質な油から摂取

「脂っこいものやチョコレートを食べるとニキビができる」と思っている方も多いと思います。
実は、ニキビの原因と脂っこい食事やチョコレートの関連性は科学的に立証されていません。

しかし、私は経験から「内臓への負担はニキビの原因になる」と考えています。
実際、夜遅くまでお酒を飲んでいたり脂っこいおつまみを食べていたりすると、決まってその2〜3日後にニキビができました。
大人ニキビの原因が胃腸の疲れからくるものであれば、やはり脂っこい食事は消化しにくいのでニキビの原因になり得ると考えています。

上記の理由から、極力揚げ物や炒め物を避けるようになりました。
外食が多いと脂質はどうしてもオーバーしがちになるので、適度な脂質の摂取のために以下のポイントを意識しています。

・揚げ物や炒め物は極力避け、食べる場合はランチか早めの夕食で
・自宅で炒め物を食べる場合は最低限の油を薄くフライパンにしく
・魚やナッツから良質な油を摂取する

極端に脂質をカットすると皮膚の乾燥に繋がったり、排便の潤滑油の役割が無くなるため便秘になったり逆効果になります。
魚やナッツから良質な油を摂取することで適度な脂質を補給しましょう。

③タンパク質を積極的に摂取する

肌・髪・筋肉を作る素となる重要な栄養素「タンパク質」。
美肌のためにも必要不可欠な要素です。

これをタンパク質の摂取のために心がけていることは以下の通りです。

・鶏むね肉か魚のどちらかを1日に必ず摂取する
・卵も1日1個は摂取する
・大豆や納豆も積極的に料理に加える(サラダ豆を食べたり、納豆ご飯にしたり)
・それでも食事からタンパク質を摂取できない場合は、ソイプロテインを夜眠る前に飲む

基本的には食事からのタンパク質摂取を心がけています。
どうしても不足してしまう場合はこちらでサポートします。

 

④お酒はほどほどに

こちらはニキビ対策のため…というよりは健康的な生活のための基本ですね。
歓迎会、送別会、新年会や忘年会…何かとお酒を飲む機会が多いはずですが、適量を心がけ休肝日を設けるなどして内臓を休めてあげましょう。

また、お酒は睡眠の質を下げます。
肌のターンオーバーを活性化させるために良質な睡眠は不可欠ですが、お酒は睡眠の質を低下させるリスクがあります。
ストレス発散にお酒を飲むことも良いですが、ほどほどを心がけましょうね。

どうしても飲み会が続いてしまうシーズンや、飲み過ぎてしまった時には、こちらのサプリが有効です。

「シリマリン(マリアアザミ)」というサプリメントです。
あまり聞き慣れないないかもしれませんが、効能効果は以下の通りです。
・肝機能を高める
・細胞(肌や唇)を若々しく保つ
・肌の調子を整える

飲み会の前や翌日にこれを飲むと、アルコールの抜けが早く二日酔いにもなりにくいです。
美肌への効果もあるので、日常的に服用しても良いかもしれませんね。

いかがでしたか?
私たちの体は食べた物で出来ています。
高価な化粧品を使って外側からケアすることも大切ですが、限界があります。
まずは日々の食事を見直してみて、内側から美を整えてみてはいかがでしょうか。

Leave a Reply