必読!行く前に読んでほしいウェディングドレス試着の7つの注意点

こんにちは、プレ花嫁のmichiです。
今日は、初めてウェディングドレスの試着に行く前に
読んでいただきたい注意点をご紹介します。
皆様のドレス選びがスムーズに、効率的に進みますように!

①まずはカタログで雰囲気を見る

予約した式場から提携のドレスショップを幾つか紹介されると思います。
ドレスショップあり過ぎてわからない…
そんなときはまずカタログに一通り目を通し、
なんとなくそのショップの雰囲気をつかんでおくのが良いですよ。
ショップによって
かわいい系、キレイめ、シンプル、インポート重視、和装多め等、
特徴があるのでまずは自分のイメージに合うショップを選びましょう。
どうしてもわからない!という時は、
式場と提携した割引プランでオトクそうなショップから
見てみるのもアリですね。

②事前にドレス見学の予約をしましょう!

基本的には必ず予約をして行きましょう。
その際に、カタログで試着してみたいドレスがあれば、
試着可能か確認しておくのも良いですね。
貸出中やメンテナンス中等で、
店頭に置いてない時もあるので要注意です!

③ドレスショップに行く際の服装は?

試着の際は基本的に全て脱いでしまいます。
なので、脱ぎ着しやすい服装で行きましょう。
ストッキングは履いてなくても大丈夫です。
また、下着は上下専用のものを貸してくれるので、
ショーツの上から履いてブラは取ります。
プランナーさんに手伝ってもらって試着する可能性があるので、
見られてもはずかしくない下着がいいですよ。笑

④髪型、アクセサリーは?

イメージがつきやすいように、
プランナーさんが簡単にアップスタイルにしてくれます。
なので、あまりワックスなどべたべたにつけておかない方が良いですよ。
まとめやすいよう、軽くヘアオイルをなじませるくらいで大丈夫です。
アクセサリーは、ドレスに引っかかったりしないよう、
全部はずすことになります。
紛失や手間を省くために、最低限のアクセサリーのみで
行かれることをお勧めします。

⑤必要な持ち物は?

・カメラ(スマホ)
・着たいイメージのドレスがあれば、その写真やスクショなど
・式場で出してもらった概算見積
・式場から割引プランの案内をもらっていれば、必ず持参!

→これ、結構重要です。

契約時期によって適用プランなどが異なりますので、
どのプランが適用可能なのか、プランナーさんに相談してみましょう。
その際に価格の目安となるよう、式場で出してもらった概算見積があると
より具体的な相談ができますよ。

⑥1店舗での所要時間は?

だいたいどこのショップでも、1回の訪問で2~2時間半程かかります。
そのあとの予定を組む際は最低2時間半はかかるとみて
予定を立てておくことをオススメします。

⑦最大の注意点…ドレスの試着は体力勝負!

そう、意外にも疲れるのです。。。
私は初めてのドレスの試着の際、午前と午後に1件ずつ、
合計12着試着したのですが、終わる頃にはグッタリでした。。。
1日に2~3件まわることはできなくはないですが、
非常に疲れるので前日はしっかり睡眠をとって臨みましょう。

いかがでしたか?
ぜひ参考にしてみてくださいね♪